ホーム » 沿革・概要

理事長挨拶

 厚真町は「厚い真ごころ、大いなる田園の町」という標語のとおり、明治時代から水稲栽培を中心に農業が営まれてきました。その水稲栽培に欠かせない水は厚真川水系から利用しており品質が良く消費者から「厚真米」として評価されております。
 厚真町土地改良区は農業生産の基盤である農用地の土地改良事業を行うための団体として、法により特に認められた、古くは土功組合(旧水利組合)の流れを組む地縁的性格の強い公共法人であり、設立から60周年を迎えました。
 近年農業農村の有する多面的機能の重要性が評価、認識されはじめ、多くの人々が心休まる、食糧の生産現場をいかに醸し出すかが求められていると認識し、土地改良区には地域づくりの拠点としての大きな役割があると考えております。
 そのため、最新情報をホームページを通じて多くの住民の皆様や国民の方々に発信していきたいと思っております。

平成25年4月1日
厚真町土地改良区理事長 山田 英雄

沿革

年月日 許可内容 許可番号
大正10年11月10日 当麻内土功組合 設立認可 内地第628号指令
昭和18年8月1日 厚真土功組合 設立認可 未土第149号指令
昭和27年7月1日 厚真村土地改良区設立 北組第111号指令
昭和28年11月1日 地区編入認可 28土改第2946号指令
昭和55年2月23日 維持管理計画変更認可 管指第19号指令

概要

位置と地勢

本土地改良区は、胆振管内の東部に位置し、北緯42度43分にあり、東西17.3km南北31.4km、東北西は山林に囲まれ、商は太平洋に面し、南北に長斜形となり、その中央部を厚真川が各渓流を合せて太平洋に注いでいる。
この流域に水田が形成され、一部畑地が混在している。
又、本町の南東に隣接する鵡川町との境界を流下する入鹿別川を水源とした地区を含めている。

地区・地積

○関係町
厚真町、むかわ町
○賦課面積
3,398.48ha(平成23年度末現在)

運営

組合員数
695名(平成23年度末現在)
総代数
50名(平成24年4月1日現在)
役員
理事13名、監事4名(平成24年4月1日現在)
職員など
職員8名、嘱託3名、出向1名、臨時2名

組織図

組織図

主な表彰

年月日 表彰・内容
昭和36年10月3日 道土地連会長賞(土地改良事業推進団体)
昭和39年2月20日 道土地連会長賞(土地改良事業推進団体)
昭和43年3月26日 北海道知事賞(経営合理化団体)
昭和45年5月28日 全国土地連会長賞(経営努力団体・銅賞)
昭和61年3月25日 全国土地連会長賞(運営向上団体・銀賞)
平成12年3月28日 道土地連会長賞(土地改良事業推進団体)
平成17年4月22日 北海道知事賞(道営朝日地区・農用地等集団化事業)
平成18年3月28日 全国土地連会長賞(管理運営向上団体・金賞)
平成20年3月26日 北海道知事賞(道営富野地区・農用地等集団化事業)
平成21年8月20日 21世紀土地改良区創造運動北海道大賞
平成24年3月27日 全国土地連会長賞(農業生産基盤整備部門・道営富野地区)

歴代理事長

歴代 氏名 就退任年月日
初代 井上 正則 昭和27年7月1日~昭和27年9月22日
2代 藤沢 長俊 昭和27年9月23日~昭和31年11月27日
3代 加賀谷 与市 昭和31年11月28日~昭和33年11月24日
4代 石井 善蔵 昭和33年11月25日~昭和35年12月27日
5代 井上 正則 昭和35年12月28日~昭和47年7月15日
6代 石井 善蔵 昭和47年7月16日~昭和50年6月24日
7代 藤沢 長俊 昭和50年6月25日~昭和51年12月27日
8代 蛇池 久一郎 昭和51年12月28日~昭和59年12月27日
9代 新飯田 栄治 昭和59年12月28日~平成4年12月27日
10代 石井 一義 平成4年12月28日~平成16年12月27日
11代 山田 英雄 平成16年12月28日~現在
維持管理施設
キッズコーナー


ページトップへ