頭首工とうしゅこう

川の水を部分的ぶぶんてきにせき止めて、用水路ようすいろに引き入れるための施設しせつです。頭首工とうしゅこうという用語は明治時代めいじじだいから使つかわれていて、用水路ようすいろ頭首部とうしゅぶもうけられる水門という意味いみ頭首工とうしゅこうと名づけられたんだよ。